看護師は日勤だけで夜勤なし?

出来れば子供がいるから夜勤は避けたい、そんなに働きたくないと思っている人もいるのでは?
看護師転職サイトで検索をしてみると、日勤のみで夜勤は一切しなくてもいいよっていう場所が増えているんです。
夜勤をしたくない人なら日勤のみの場所を選ぶのが良いですし、夜勤だけしたい人は夜勤のみの場所を選べば◎。
日勤だけならストレスも限界までたまる事は無いでしょうし、無理なく働くことが出来るのでいいと思います。


看護師の活躍場所

活躍できる場所は病院だけではなく、保健所や福祉施設、クリニックなど色々あるんです。
看護師は多くの場所で必要とされているから、転職を考えている人は色々比較してみてみるのがいいと思いますよ。
クリニックで働くのであれば、帰れる時間も早いので子供のいる人でも安心して働くことが可能となっています。
しかし、クリニックは求人募集を出さずに紹介してもらわなければいけないようになっているため、なかなか難しいみたい。


割合が決まっている?

実は、病院で働いている人が一番多く、次に多いのは診療所となっているみたいです。
看護師と言ったら、やっぱり病院が一番多いみたいですが、中には合わないから職場を変えた人もいるみたい。
東京でも大阪でも同じ結果なので、探している人も最初は病院で探してみてはどうでしょうか?

男性で看護師になりたい人は

女性の方が多いですし、なりたいと考えている人は女性の方が多いのではないでしょうか?
看護師になりたいと考えている男性も、今では増えて大学などに通っているようですが、教育制度や教育機関はまだまだ女性優位なところがあるみたいなので、少々やりにくいかもしれません。
それでもあきらめずに、毎日一歩ずつ看護師に近づいて行ってくれればと思っていますので、頑張ってくださいね。


男性看護師の方が有利?

男性の方が女性よりも体力もありますし、力仕事だって簡単にできてしまいます。
患者さんをベッドから車いすに移す時も車いすを後ろから押してあげることだって、容易にできてしまいます。
また、女性看護師よりも医療機器にも強いですから、病院側からも期待されてプレッシャーを感じてしまうかもしれませんね。
男性ですから、夜勤の時には頼りになりますし本当に今後少しでも増えてもらえるといいなと思います。


転職サイトは複数登録?

求人サイトには、コンシェルジュと呼ばれている人がいて、一緒に探してくれたりアドバイスをくれたりします。
ただ、相性が悪いとなかなかスムーズには行かないようなので、看護師転職サイトは複数登録しておくのが良いみたい。
全国探すことのできるサイトもありますが、大阪なら大阪、東京なら東京と検索エリアの狭い場所を選ぶのもアリ。

看護師として働くならパート?

この仕事をしたいけれど、家事との両立が難しいとかあまりハードな仕事はしたくないと考えている人も。
その時は正社員ではなくて、パートとして看護師の仕事をするのがいいと思いますよ。
最近では、パートやアルバイト募集をしている場所も多いですし、転職サイトにもいくつか出てきています。
縛られるのが嫌だと思う人もこちらの方がいいでしょうし、ブランクのある人もこちらがおすすめですね。


看護師の時給について教えて

やっぱり気になるのは、時給だと思うのですが平均で約2000円だと言われています。
パートの中でも高時給だと思いますが、場所によって看護師の時給も変わってくるそうなのでチェックしておきたいですよね。
東京や大阪、名古屋などの都市では求人が多く時給もその分高くなるみたいなんですよね。
それに比べると地方は情報が少ないので、給料も低くなってしまうみたいですよ。


転職する際に気を付けよう

求人サイトなどで職場を探す時は、勤務先やどんな施設があるのかなど比べることが大事になります。
転職サイトには多くの求人情報が掲載されているから、比較をして良い場所を見つけるようにしましょう。
お子さんを抱えている人は託児所のある場所を、夜勤をしたくないのなら夜勤なしの場所を選ぶようにして。

プロ意識を持って看護師の仕事を

どうしてこの仕事につきたいのか、自分でもう一度よく考えて本当にそうなのか考え直してみて下さい。
看護師の世界は決して甘くはなく厳しい世界なので、すぐ辞めたくなってしまわないか自分とよく相談をしてから目指すべき。
給料が良いから看護師になりたい、その気持ちだけではやっていけないと思いますからやめたほうがいいでしょう。
看護に対する使命感や何を達成したいのか、それを通してどんなことをしたいのか、明確にすることが大切みたい。


看護師の志望動機について

これが一番悩むべきところですが、自分が何をしたいのか書いておくことが良いみたいなので書き記してみて。
どんな看護師を目指したいのか、キャリアアップをしたいのかなど書くようにすれば、相手に好印象を与えることが出来ます。
やっぱり一緒に働くなら、目標を持っている人や強い意思を持っている人の方がいいですからね。
自分のいいところを押し出していくことも大切ですが、どんな看護師を目指すのかと言う方をアピールするのが良いみたい。


地域によって好印象になる部分は違う?

面接を受けに行く際、地域によって印象の抱き方は異なるのでしょうか?
はきはきした声が望ましいと言われていますが、大阪の人達は比較的に声の大きい人が多いですしリアクションもやや大きいですから、違う部分を見られているのかもしれませんね。
転職サイトを覗いたときには、コラムなどにも目を通してみて。

看護師になるために必要な費用は?

この仕事につくには、どのくらい費用が必要になってくるのでしょうか?
看護師になるためには、そういう事を学べる学校へ通う必要がありますが、短大や大学によって学費が変わってきます。
公立の専門学校なら年間20万円くらいで、私立なら入学金20万円ほどで授業料が70万円ほどだと言われているみたいです。
ただ、看護大学だと4年間で450万円~700万円かかると言われているので、慎重に考えるようにして下さい。


自分が看護師に向いているのか知りたい

この仕事が自分に向いているのか知りたい時は、ネットで診断できるところがあるので試してみることをオススメします。
必ず当たるというわけではなくて、あくまでも選択肢を用意しているだけなので100%信じなくても大丈夫。
看護師に向いているのかどうかは、最終的には自分次第で変わってくると思いますから、もし看護師になりたいと考えていて周囲から向いていないと言われても努力すれば、うまく働けるのではないでしょうか?


求人情報を見てみたい

実際に辞めるつもりはないけれど、どんなふうになっているのか知りたい人は覗いてみて下さい。
看護師転職サイトがどんなものでどんな場所が募集しているのか、それを見るだけでも面白いですしこういう場所もあるんだと知ることが出来ます。
東京に限らず大阪や神奈川などについても調べてみては、どうでしょうか?